専門整備会社には車検以外にも仕事があります。技術と経験が生かせる仕事です。

仕事を知る
人を知る(社員紹介)
募集要項
仕事を知る
人を知る(社員紹介)
募集要項

1.大旺機械の仕事

自分の車を示す言葉に「愛車」があります。これは、人が車に単なる「移動手段」や「運搬手段」としてだけではない価値を見い出しているからではないでしょうか。物質的に言えば、車は「精密機械の集合体」。私たちはプロとして、「機械である車」と向き合い、高い技術力と県内トップクラスの設備環境で、お客さまの「良きパートナーとしての車」を整備しています。

ありとあらゆる「働く機械」整備のプロフェッショナルが建設機械整備士です。クレーン、ショベル、グレーダー、コンプレッサーや発電機など建設車両を含む、建設機械を整備します。また、消防車に積み込むレンジャーネットなど人命救助に携わる機械の整備も行います。
建設機械は、多様化するニーズに応えるために進化し続けています。その進化とともに、高度な知識と技術を持つ建設機械整備士の需要は高まっています。大旺機械は建設機械整備のエキスパートとして、建設機械整備士の技術向上と環境整備に努めています。

大旺機械 メカニックスタッフのとある1日

出社

メカニックスタッフの多くはユニフォームで出勤。
1日のはじまりは、
笑顔であいさつ!

~8:00
工場内清掃

お客さまからの大切な車両をお預かりする場所。仕事を円滑・安全に進めるために朝の清掃は欠かせません。

8:00~
朝礼

一日の予定を把握することはもちろん、社員スタッフ全員の気持ちを合わせるための大切な時間です。ラジオ体操で体の”エンジン”を温めて、業務へGO!

8:20~
業務開始

予定に沿って、各自担当業務に入ります。
車両に向き合うまなざしは真剣そのもの。お客さまとの会話はいつも笑顔を心がけています。

10:00~
午前の休憩

メカニックスタッフは、手先が器用で研究熱心。仕事の合間に気分転換に工作をすることも。その「作品」の1つである、自作の椅子に集まりホッと一息。ベテラン技術者にアドバイスをもらったり、休憩とはいえ、メカニックならではの充実したひとときです。

10:10~
業務再開

業務用車両の入車・納車などが増えてくる時間帯で、会社全体が賑わってきます。オーダーしていた部品も届き、仕事がフル回転しはじめます。

12:00~
お昼休み

お楽しみのランチタイム。同僚と何気ない会話をしたり、ちょっと昼寝をしたりして、午後の業務に向けて英気を養います。
お昼の時間帯に来社するお客さまもいらっしゃるため、お昼休みは交代制です。

13:00~
午後の業務

さあ、再び始動です。午後は車の引き渡しも多くなります。でも業務は慌てず落ち着いて。安全第一!

15:00~
午後の休憩

お客さまの大切な車をお預かりし、しっかり整備するメカニックは神経を使う仕事です。こまめに休憩をとることが仕事の効率化につながります。

15:10~
業務再開

引き渡し業務が増える時間帯。また、明日のために駆けつけてくるお客さまもいらっしゃいます。どんな時も笑顔で対応!
そして、今日一日の仕事の総仕上げを行い、明日に備えます。

17:00
業務終了

無事、本日の業務を終えました。
お客さまにも喜んでいただける仕事ができました。工場や工具を片付けて明日に備えます。

仕事を知る
人を知る(社員紹介)
募集要項
仕事を知る
人を知る(社員紹介)
募集要項

ページ上部へ